「モンスター」と言われた女が最後にすがったもの(連載更新されています)

告知遅くなりました。

「シネマの女は最後に微笑む」第66回は、『モンスター』(パティ・ジェンキンス監督、2003)を取り上げてます。無料登録してどうぞ。

 

forbesjapan.com

 

 

1989年~90年のアイリーン・ウォーノスによる連続殺人事件を題材にした作品。公開当時、シャーリーズ・セロンの肉体改造が話題になった作品としても有名。この人は作品毎に大胆に体型を変え、終わるとすぐさま戻しているところが驚異的ですね。もちろんそれ以外に見るべきところはたくさん。

 

「最後に微笑む」というより「不敵な面構えのまま」という底辺の娼婦を演じるセロンがやはり素晴らしいですが、いわゆる鬱展開で、主人公に共感できる部分とちょっとしんどい部分とが交錯します。それが、アイリーンという底辺の娼婦の人物造形にリアリティを与えていると思います。

相手役のクリスティーナ・リッチも、行き場のないレズビアンの若さゆえの残酷さを好演。

 

ところで私は、あの有名な『テルマ&ルイーズ』を、アイリーン・ウォーノス事件を大胆に脚色した作品だと思っていましたが、今回読者の方から指摘を受けて、それは日本で公開当時、配給会社の流した偽情報だったと知りました。

日本版Wikipediaを確認しますと、去年までは偽情報が載っていたのが訂正されています。いやはやすっかり騙されていました。反省しております。

確かに時期を考えると合いませんし、いくら何でも脚色が過ぎます。最初から全然関係ない作品だったのに、『テルマ&ルイーズ』が日本で公開される時にアイリーン・ウォーノス事件が話題だったので、配給会社が話題作りのためにデマを流したと。‥‥ケシカランですね。

 

『モンスター』の方は、事件にかなり忠実に描かれているようです。おすすめ。

 

モンスター 通常版 [DVD]

モンスター 通常版 [DVD]

  • 発売日: 2005/05/28
  • メディア: DVD